ニュース

カナダの大手ブロックチェーン企業、日本進出

カナダの世界大手ブロックチェーン技術開発企業、DLTLbs(ラブス)が日本に進出した。

ブロックチェーン技術はデータの塊を鎖のようにつないで管理するため、以前のデータを抜き出したり、消去したりといった改ざんが難しい技術で企業や政府の情報改ざんを防ぐことや、食品や物流における詐欺も防ぐ技術として認められている。またこういった信頼性のほかに情報や取引内容を低コストで管理できることから、医療や金融関係での同技術の導入が取り組まれている。

また、この技術は今後の国際間での国力を示すためのものになるのとされているため、各国では政府の研究機関を設立、投資、誘致や育成のための制度などを設けている。日本では暗号通貨市場が発達しているもののブロックチェーン業界は発展していないため、ラブスは需要があるとみて今回の日本市場進出に至った。ブロックチェーンを推進する制度がなく、規制が厳しくなっている日本では新たな技術を独自に研究していくには厳しいものがあるだろう。政府の援助も難しい現状では、海外の企業を誘致しその技術を学び取ることでしか他国に追い付く方法はないのではないだろうか。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BITPoint、業務提携で暗号通貨決済普及に努める

  2. フィリピンでは「仮想通貨関連犯罪」を厳罰化へ

  3. 欧州も本人確認の義務付けに動く

  4. オーストリア規制当局、仮想通貨に関する取引に特別な注意促す、銀行に書簡…

  5. レイブロックスがナノに改名

  6. 仮想通貨規制の難しさ

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事