ニュース

MUFG、数年内の実用化に向けリップル実証実験

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三菱商事は今月内にブロックチェーン技術を活用した国際送金の実証実験を開始することを発表した。

現在の国際送金では数日かかってしまうが、リップルのブロックチェーンネットワークを利用すると数分で完了し、さらに今までの手数料を最大7割削減できるとされている。同グループらはタイやイギリスの金融機関と提携し、リップルを利用しての実験を行う。実験ではタイの三菱商事子会社がMUFG傘下に保有する口座から、三菱商事関連会社がイギリスの金融大手スタンダード・チャータードのシンガポール拠点口座に、シンガポール・ドルを送金するものだ。つまりタイからシンガポールへの国際送金を行う。

今回の実証実験は送金時間短縮、費用削減を目的にしたものでMUFGは数年内の実用化を目指す。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. シカゴに『ビットコインセンター』が設立される

  2. 暗号通貨関連イベント、参加費の高騰

  3. EOS、一時停止するも5時間で問題解決

  4. 停滞した日本の暗号通貨業界の成長

  5. テックビューロ、賞金付き宝探し「ZaicaでGO」提供開始

  6. マネーロンダリングにビットコインを利用、国内で送検へ

PAGE TOP

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行

ニュース

暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

ニュース

Coinbase、確立した地位を

ニュース

Binance、技術学習サービス提供

ニュース

昨日(8/16)のニュースまとめ