ニュース

ロシア、W杯や制裁の影響で暗号通貨導入増加

ロシアでは6月14~15日に行われるFIFAワールドカップ2018の影響で市場が活発になっており、BTCなどの暗号通貨決済の導入も増加している。また、国際社会からの制裁回避の為に暗号通貨を認める動きも出ている。

開催都市のカリーニングランド市内のホテルでは宿泊客がBTCで宿泊費を決済できるようにすることが決定し、タクシーでも暗号通貨の認知が広まったためにBCHでの支払い導入が決定している。また、一部のスーパーではBTCのATMが設置され暗号通貨を購入できる状態になっている。

ロシアではデジタル金融資産の法案を検討しており、暗号通貨に対する新たな規制導入が検討されていた。また、同国では暗号通貨を決済手段ではなく資産と分類、デジタル資産の取引に課税する方針を示している。暗号通貨に対する規制、方針を示すことで取引そのものは合法化する予定だ。

制裁を受けているロシアはその制裁から逃れるためにベネズエラと同様、暗号通貨を導入することで制裁回避を行うのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

  2. グーグルサーチ、ビットコインサーチは昨年10月来で最低

  3. 英国取引所、現物受渡しBTC先物へ世界初

  4. テックビューロ、減資・本店変更の知らせなし

  5. Zaif、新規登録者キャンペーン

  6. マスターカード、ブロックチェーン技術で認証

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]