ニュース

ロシア、W杯や制裁の影響で暗号通貨導入増加

ロシアでは6月14~15日に行われるFIFAワールドカップ2018の影響で市場が活発になっており、BTCなどの暗号通貨決済の導入も増加している。また、国際社会からの制裁回避の為に暗号通貨を認める動きも出ている。

開催都市のカリーニングランド市内のホテルでは宿泊客がBTCで宿泊費を決済できるようにすることが決定し、タクシーでも暗号通貨の認知が広まったためにBCHでの支払い導入が決定している。また、一部のスーパーではBTCのATMが設置され暗号通貨を購入できる状態になっている。

ロシアではデジタル金融資産の法案を検討しており、暗号通貨に対する新たな規制導入が検討されていた。また、同国では暗号通貨を決済手段ではなく資産と分類、デジタル資産の取引に課税する方針を示している。暗号通貨に対する規制、方針を示すことで取引そのものは合法化する予定だ。

制裁を受けているロシアはその制裁から逃れるためにベネズエラと同様、暗号通貨を導入することで制裁回避を行うのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. コインチェック、13日にも日本円の出金再開と

  2. カナダのNB州は名指しでICOを「詐欺」と警告

  3. XRP、送金業者TransferGOで取引開始

  4. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  5. 22ヵ国が参加、欧州ブロックチェーン協定

  6. 次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現