ニュース

今注目のIOTA

IOS tokenはオンラインサービスに分散型プラットフォームを提供し中央集権によって引き起こされる様々な問題を解決することを目指している。

  • インフラ提供 
  • 承認はPoBを採用 
  • スケールアウト

現在のサーバーで運営しているサービスは中央集権型であるがゆえに、多くの問題を抱えている。手数料の増加や不正行為、個人情報の問題などが挙げられる。それを解決する技術として分散型ネットワークのブロックチェーン技術を導入することが挙げられるが、それを導入することは簡単なことではない。容量やサービス展開をするための環境に適応できるものはそう多くない。とくに利用者の多いSNSやショッピングサイトは、その巨大な規模が原因でブロックチェーン導入を難しくしている。しかし、このIOTAではブロックチェーン技術とは異なるDAGという技術を採用し、サービス利用できるシステムを多数揃えているため、そういった企業でも安心して導入できるようになっている。

また、承認システムにはProof of Believability(PoB)を採用し、貢献度を基準に承認者を選ぶシステムであるため、中央集権型から離れつつ安全性を保てるものとなっている。さらに効率的分散シャーディング(EDS)によってスケーラビリティの問題解決、アトミックスによるトランザクションの一貫性などといった豊富なシステムがそろっていることからも活用の幅が期待されている。

こうした現在の企業の抱える問題を解決する手段として注目されており、企業のブロックチェーン導入を早めるものではないかと考えられている。

↓↓関連記事↓↓

 

関連記事

  1. SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

  2. ブロックチェーン技術への各国の動き活発化

  3. リップル、2900万ドル分のXRPを寄付

  4. ブロックチェーン技術でEV充電ステーションを管理

  5. 秘密鍵紛失で7,500BTCを失う

  6. マネックス、暗号通貨事業赤字で株価下落

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲