ニュース

今注目のIOTA

IOS tokenはオンラインサービスに分散型プラットフォームを提供し中央集権によって引き起こされる様々な問題を解決することを目指している。

  • インフラ提供 
  • 承認はPoBを採用 
  • スケールアウト

現在のサーバーで運営しているサービスは中央集権型であるがゆえに、多くの問題を抱えている。手数料の増加や不正行為、個人情報の問題などが挙げられる。それを解決する技術として分散型ネットワークのブロックチェーン技術を導入することが挙げられるが、それを導入することは簡単なことではない。容量やサービス展開をするための環境に適応できるものはそう多くない。とくに利用者の多いSNSやショッピングサイトは、その巨大な規模が原因でブロックチェーン導入を難しくしている。しかし、このIOTAではブロックチェーン技術とは異なるDAGという技術を採用し、サービス利用できるシステムを多数揃えているため、そういった企業でも安心して導入できるようになっている。

また、承認システムにはProof of Believability(PoB)を採用し、貢献度を基準に承認者を選ぶシステムであるため、中央集権型から離れつつ安全性を保てるものとなっている。さらに効率的分散シャーディング(EDS)によってスケーラビリティの問題解決、アトミックスによるトランザクションの一貫性などといった豊富なシステムがそろっていることからも活用の幅が期待されている。

こうした現在の企業の抱える問題を解決する手段として注目されており、企業のブロックチェーン導入を早めるものではないかと考えられている。

↓↓関連記事↓↓

 

関連記事

  1. 中国銀行が特許申請へ!

  2. イギリスでは犯罪捜査にブロックチェーン技術を応用

  3. 昨日(6/21)のニュースまとめ

  4. 金融庁が無登録の仮想通貨交換事業者に警告

  5. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  6. ジェネシスブロックとは[初心者向け]

PAGE TOP

ニュース

Xtheta、ブロックチェーン技術者の養成事業開始[小学校でプログラミング必修]…

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…