ニュース

指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

東京拠点の指定暴力団は16年春以降海外を含む暗号通貨取引所を経由して、詐欺や薬物取引で得た資金、300億円を洗浄した疑いがある。

規制の厳しい国内取引所では本人確認や匿名通貨の取り扱い廃止の理由から重点的に使われることはないが、海外の規制の緩い取引所でBTCやETHを購入し、本人確認なしで利用できるロシア、イギリスなどの取引所に分散させ、匿名通貨での送金を複数回繰り返し追跡不可能にした時点で、現地協力者が現地通貨に現金化し商取引を装い日本円に替えていたようだ。

今回のこの資金洗浄の疑いは仲介役の中国人男性が証言したことで明らかとなった。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカアトランタ連銀総裁、仮想通貨否定

  2. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

  3. DMM Bitcoin、生体認証対応[声・顔・指紋]

  4. 暗号通貨決済と送金技術[Wirex・Flutterwave]

  5. Mt.GOXの民事再生、Bitcoin価格への影響

  6. NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

PAGE TOP

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[金商法で身を守ろう]

ニュース

安全にインターネット利用するために

ニュース

昨日(12/18)のニュースまとめ

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]