ニュース

指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

東京拠点の指定暴力団は16年春以降海外を含む暗号通貨取引所を経由して、詐欺や薬物取引で得た資金、300億円を洗浄した疑いがある。

規制の厳しい国内取引所では本人確認や匿名通貨の取り扱い廃止の理由から重点的に使われることはないが、海外の規制の緩い取引所でBTCやETHを購入し、本人確認なしで利用できるロシア、イギリスなどの取引所に分散させ、匿名通貨での送金を複数回繰り返し追跡不可能にした時点で、現地協力者が現地通貨に現金化し商取引を装い日本円に替えていたようだ。

今回のこの資金洗浄の疑いは仲介役の中国人男性が証言したことで明らかとなった。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 本当の分散型取引所は存在するのか

  2. ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

  3. 契約をブロックチェーンで保管[NTT]

  4. 中国マイニング大手が閉鎖へ

  5. 日本でフォークコインが付与されない理由

  6. SBI Ripple Asiaの為替一元化コンソーシアムに42邦銀参加…

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]