ニュース

エジプト政治状況と暗号通貨規制状況

エジプトでは暗号通貨は禁止されている。宗教国家としての側面が強いエジプトでは、規制以前にそもそも暗号通貨がイスラム法の下で合法なのか違法なのかという考えで意見が割れており、国民は手を出しにくいものとなっていた。

しかしエジプト政府は市民のコンピュータを無断利用し暗号通貨マイニングを行っていたことが明らかになっている。また、それに乗っかりハッカーたちは同様の不正マイニングで年に100万ドルを超える収益を得ているようだ。また、ブロックチェーン技術に対しても宗教上の問題で政府は動きを見せていない。ただ、中央銀行にはR3のブロックチェーンコンソーシアムに参加し、実験を行うことを許可している。

【エジプト】独裁体制を強めつつあるエジプトでは、人権に対する義務違反が複数行われ13年以来800人が死刑宣告、ジャーナリスト抗議活動化などに対しては大規模な拘束・拷問が行われている。宗教上の問題だけでなく、独裁体制で国民を監視するという状況にある同国では非中央集権の暗号通貨は認められないだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(9/24)のニュースまとめ

  2. McAfee、2020年の脅威予測レポート[ディープフェイク]

  3. マウントゴックスウォレットから180億円もの資産移動

  4. 1週間(2/4~2/10)のニュースまとめ

  5. モルガン・スタンレーCEOの見解

  6. リミックスポイント、訴訟に関するお知らせ[BPJ台湾]

PAGE TOP

コラム

ドル円 鉄板【R-1】発動‼ “仏のR特別講義”

コラム

海外FXブローカーは非常事態を待っている‼

ニュース

Huobi,レバレッジ取引サービス開始へ

ニュース

ビットバンク、スマホでの本人確認に対応[システムはシンプレクスが担当]

ニュース

利殖勧誘事犯、増加傾向[詐欺の手口を確認]

ニュース

FATF声明発表[対策に非協力的としてイラン・北朝鮮を名指し]

ニュース

楽天ウォレット、暗号資産証拠金取引サービス開始[法改正]

ニュース

昨日(3/26)のニュースまとめ