ニュース

南アフリカの規制状況

南アフリカでは暗号通貨の使用に対する規制などは行っていないが、法定通貨としては認めていない。

ただ同国において暗号通貨やブロックチェーンは一般的なものとして扱われており、金融業界、その他の業界で取り組みが行われている。ブロックチェーンアフリカ会議が2015年から毎年行われており、そこではIBMやマイクロソフト社と提携し技術開発が行われておりフィンテックの発展を目指している。また今年4月には国内のフィンテック開発を管理する自主規制機関を中央銀行である南アフリカ準備銀行は設立する計画を立てていた。

また政府による暗号通貨スタートアップ事業プロジェクトは2017年後半に開始され、同国の恵まれない国民に対しユニバーサル・ベーシック・インカム(政府が国民の最低限の生活を保障するために現金を給付する仕組み)を行うことを目指している。

銀行口座がなくとも給付できるような仕組みを目指すには暗号通貨やブロックチェーン技術は最適なものだろう。通貨としては認めてはいないものの技術の開発・活用に対しては国を挙げて行っている。特にブロックチェーン技術で様々な活躍、提携を行っているIBMと手を組むことは南アフリカにとって有益なものとなっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. モルガン・スタンレーCEOの見解

  2. 韓国、ICO合法化へ

  3. 国内のネム決済可能店【XEM】

  4. 相次ぐ暗号通貨業者の撤退

  5. Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

  6. ビットコインはアフリカではまだ指数関数的に成長が見込める

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」