ニュース

中国政府、暗号通貨格付け開始

中国政府は暗号通貨とブロックチェーンプロジェクトの格付けを行うと発表した。

同国では最近ブロックチェーンの国家基準を定めることも発表していた。暗号通貨や技術のプロジェクトに対する基準や対応を定めることで本格的に、ブロックチェーン技術への取り組みが開始したことがわかる。今回の格付けでは28種の暗号通貨と技術的利点があると政府が判断したブロックチェーンプロジェクトが明らかとなる。また、このランキングは毎月更新されるようだ。このランキングによって国内のプロジェクトは注目を浴び、効率的な研究が可能となる。ただ、この中国政府の格付けが市場に影響を与えるものとなるかはあまり期待できない。

同格付けは中国産業情報省の情報産業発展センター(CCID)にて行われ、ブロックチェーンの格付けに関しては独立したチェーンを持っていること、ノードを自由に作成できること、ブロック情報を簡単に追跡するためのブロックエクスプローラーが公開されていることなどの各基準から選定していくようだ。

格付け対象の通貨は以下の通り。

Bitcoin Ethereum Ripple Bitcoin Cash Litecoin Cardano Stellar IOTA NEO Monero Dash NEM Ethereum Classic Bytecoin Qtum Lisk Zcash Verge Nano Steem Siacoin BitShares Waves Decred Stratis Hshare Ark Komodo

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. FinCEN、新たなガイダンス発表[dAppsでの送金は規制の対象]

  2. Finablr、RippleNet加盟[サイアム銀行と国際送金]

  3. STO協会、ワーキング・グループを設置[ガイドライン策定のための検討]…

  4. 東北電力と東芝エネルギーシステムズ、共同研究の契約締結[電力のP2P取…

  5. Twitter、問題視されていた詐欺撲滅に動き出す

  6. ジンバブエ、取引所と規制に翻弄される投資家

PAGE TOP

コラム

エントリーは【際】で入る “仏のR特別講義”

ニュース

女性に aid の購入を勧められた[懸念点を解消してから信頼を]

ニュース

フランス中央銀行、デジタル通貨実験参加者募集[CBDC]

ニュース

コミュニケーション促進にブロックチェーン[実証実験]

ニュース

Zaif,取り扱いコイン3種廃止発表[BCY,SJCX,PEPECASH]

ニュース

昨日(3/31)のニュースまとめ

コラム

相関確認がトレードを優位にさせる“仏のR特別講義”

ニュース

VALU、サービス終了[出金手続きは延長]