ニュース

ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

ジンバブエの中央銀行であるジンバブエ準備銀行(RBZ)は国内の金融機関による暗号通貨の取り扱いを禁止した。

この禁止令はすべての金融機関に対して行われたもので、これを受けた機関は60日以内に暗号通貨関連サービスを終了させ、今ある暗号通貨関連の口座の生産を行わなければならない。RBZの理事兼金融機関登録官のノーマン・マタルカ氏は「中銀は決済システムを保全する義務が存在するが、暗号通貨はその対象には当てはまらない」とし金融機関に対して暗号通貨の取引・使用・所有・売買しないことを保証するよう命令している。この命令は企業、個人の両方に適応され、ジンバブエでの暗号通貨取引は自己責任で行うように警告を出した。

このジンバブエでの規制は国民、国の金融システムの安全性・健全性を守るための措置としているが、急なこの規制は国民から非難されている。アフリカでは急速なインフレが起きており、暗号通貨は国内の通貨よりも安定し、政治の影響を受けないものとして信頼され食料の購入などに役立っているため、今回のこの規制は同国民にとって厳しいものなのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインキャッシュ9割が長期保有、ビットコインは5割

  2. FLOCブロックチェーン大学校、入門講座を無償提供

  3. イラン、暗号通貨発行で制裁回避なるか

  4. 欧州証券市場監督機構の長官が厳しい警告

  5. 米国アトランタ連銀のボスティック総裁、「仮想通貨に投資すべきではない」…

  6. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場