ニュース

日本のICO,現在の状況

金融庁も支援している「仮想通貨・ブロックチェーンフォーラム2018」が開催された。

流失事件や相次ぐICO詐欺、ハッキングなどの犯罪行為を防ぐ、投資家たちの保護が優先したため規制は強化され、それにより業界の発展は阻害されている状況にある日本だが、この話し合いでは「日本でもICOができるよう制度作りを行うべき」という声が多く上がった。

暗号通貨の犯罪利用を防ぐことは重要だ。しかし、いくら日本国内で通貨の禁止を行おうと海外取引所を通せば通貨はいくらでも手に入る。ICOも同様で、国内で禁止にしても国外であればいくらでも行える。それどころかICOが日本内で行えないがために企業や優秀な人材が流失してしまうという危険性がある。また日本では特殊な規制状況にあるため、大規模な暗号通貨市場として注目されているが、海外のICOは日本市場に参入しづらくなっている。

現在考えられる対処としては、ICOトークンの発行体が情報を開示すること、その安全性の基準を設け、明確にすることがあげられている。今ある取引所のように一定の基準を満たすことが必要とされている。ICOは詐欺で騒がれることが多いが、銀行から融資が受けづらいなどの厳しい制約があるスタートアップ企業にとっては貴重な資金調達手段だ。ICOでは短期間で多額の事業資金を調達でき、手早く事業開発・経営の独立が得られる。有効な調達手段であるICO,犯罪利用の危険性だけでないがしろにしていいものではないだろう。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. オーストリア中央銀行総裁、仮想通貨業界へ危機感を露に。

  2. 今注目のAidos Kuneen(ADK)とは

  3. カシュカリ米MN連銀総裁「ビットコインは通貨ではない、目新しいおもちゃ…

  4. 金融庁、登録済み交換業者一覧[名前を騙る詐欺にも注意]

  5. 米連邦捜査局、仮想通貨の主要規制に乗り出す可能性も

  6. EU全域対象の仮想通貨規制

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]