ニュース

最大級のカンファレンス、価格への影響は

今月14~15日に世界最大手暗号通貨メディア、CoinDeskによってニューヨークで最大級のカンファレンス、コンセンサス2018が行われる

CoinDesk、そしてこのカンファレンスの規模から毎年行われるこれは暗号通貨の価格に大きく影響を与えると予想される。このカンファレンスではブロックチェーン業界、暗号通貨業界だけでなくアメリカ準備銀行の12区あるうちの8地区を担当する総裁やアメリカ議員、EUの議員、各通貨の創業者、財団代表、自主規制団体など世界各国の情報が一度に集まる。そしてなんと司法省・証券取引委員会・商品先物取引委員会の代表も参加し、暗号通貨市場における政府の役割、今後の見通しについての情報が得られるのではないかと期待される。そして、なんと急遽リップル社のChief Cryptographerであるデイビッド・シュワルツ氏も参加することになったため、何か重大な情報がもたらされるのではないかと期待される。

市場全体は下降気味にあるが、このカンファレンスの情報によって回復することも期待される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. テキサス州、暗号通貨投資プログラムで詐欺の疑いで停止命令

  2. R3コンソーシアムに参加続々、日本のトヨタファイナンシャル、ブラジルの…

  3. bitFlyer手数料UP、ビットコインに原因か

  4. 中国政府、ブロックチェーン技術の標準規格作成を検討か

  5. ブロックチェーン導入最大の障害は「信用」

  6. Mr.Exchangeが人材募集

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響