ニュース

マウントゴックス、83億円相当のBTC送金

現在暗号通貨市場が下降気味だが、これはマウントゴックスの売却によるものではないかと考えられる。

日本時間5月11日にマウントゴックスのウォレットに保管されていた資金のうち約8,200BTC(83億円)が送金されたことが明らかになった。毎回市場が上昇しているときに、莫大な額を売却するためこのマウントゴックス資産の売却は危険視されている。ただ、この売却を行っているマウントゴックスの管財人は悪意の為に行っているのではなく「可能な限り最高の価格を得る」という職務のために行っている。

今回の下落は以前、マウントゴックスのウォレット内の資産が動いていることが発覚したことから投資家が弱気になり、不安定になっていたことも関係している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 質問コーナー[秘密鍵と公開鍵について]

  2. 27億円のICO関連詐欺で起訴

  3. GMO「貸仮想通貨」にアルトコイン追加

  4. 【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェク…

  5. 韓国はビットコイン規制せず

  6. XRP関連ニュースまとめ④

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事