ニュース

マウントゴックス、83億円相当のBTC送金

現在暗号通貨市場が下降気味だが、これはマウントゴックスの売却によるものではないかと考えられる。

日本時間5月11日にマウントゴックスのウォレットに保管されていた資金のうち約8,200BTC(83億円)が送金されたことが明らかになった。毎回市場が上昇しているときに、莫大な額を売却するためこのマウントゴックス資産の売却は危険視されている。ただ、この売却を行っているマウントゴックスの管財人は悪意の為に行っているのではなく「可能な限り最高の価格を得る」という職務のために行っている。

今回の下落は以前、マウントゴックスのウォレット内の資産が動いていることが発覚したことから投資家が弱気になり、不安定になっていたことも関係している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ナスダック、電子投票システムを開発

  2. アメリカ最大の仮想通貨取引所CoinbaseがSegWitの開始を予定…

  3. 価格急騰中のXLMとは?

  4. タイ、ICO先進国となるか

  5. 今度はブラジルで暗号通貨関連学科が開設

  6. コロンビアではビットコインは「違法」

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲