ニュース

中国、暗号通貨決済の布石か

世界第3位のスマートフォンメーカー、Huawei社のスマホでBTC.comのBTCウォレットがダウンロード可能になった。

今回のHuawei社のスマホでウォレットがダウンロード可能になったことは、今後中国市場に暗号通貨決済が広がる大きな一歩ではないだろうか。中国ではアプリでの電子決済の頻度が非常に高く、デパートやコンビニだけでなく屋台でも電子決済が導入されている。こうした状況から暗号通貨を政府が許可した場合、暗号通貨決済が普及するのに時間はかからないだろう。暗号通貨の「政府が管理できない」という点、ブロックチェーンの抱える問題点への研究も行われている中国では政府が支配するデジタル通貨の発行計画が検討されているため、このHuawei社のウォレットダウンロード可能は布石だったりするのではないだろうか。

中国では政府によってGoogleストアやApple社のiTunesへのアクセスが制御されていた。また暗号通貨の取引を禁止している。しかし、取引を禁止してはいるもののその所有自体を禁止してはいない。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. トランプ大統領が暗号通貨を配布⁈

  2. ビットコインの税収詐欺とは

  3. Bithumb、シンガポールファンドに買収

  4. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

  5. オランダICOに警告

  6. カザフスタン、規制を行いつつも技術支援

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ