ニュース

xRapidの試運転成功、最大7割のコスト削減

xRapidとはリップル社が提供する送金業者・金融機関の流動性を高める、コスト削減を実現する技術の1つだ。今回はそのxRapidを利用してのアメリカ、メキシコ間の送金テストが成功したことをリップル社が発表した。

xRapidを利用することで、銀行を仲介して行うよりも最大で70%の費用を削減できる。また、金融機関はこのサービスを利用することで従来の方法で行うよりも40~70%の送金コストが削減可能となる。そして国境をまたいでの送金は平均で2,3日かかり、自分で移動したほうが早いとまで言われた、国際送金はxRapidを利用することでほんの数分で完了する。

XRPはその速い処理速度と幅広い規模に対応できる柔軟性にある。この試運転の成功により実用性も証明された。あとはもう、リップル社のシステムが導入されるだけだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 大手金融グループ、住宅ローン証券の追跡にブロックチェーン技術の導入

  2. アメリカの風俗店でビットコイン決済検討か

  3. VISA、企業間決済にブロックチェーンを導入か

  4. ブロックチェーン技術を活用した次世代決済プラットフォーム 「SBI R…

  5. 韓国、仮想通貨取引所調査に乗り出す

  6. Coinbase、ニューヨーク州でビットライセンスを取得

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

ニュース

【初心者向け】ICOとは

ニュース

非中央集権は幻想か

ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

ニュース

中国格付けで1位となったETHって?

コラム

暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

ニュース

ブロックチェーン技術を学ぶための大学開校

ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定