ニュース

ブロックチェーンでの投票終了

アメリカ、ウェストバージニア州で行われていた、米国初のブロックチェーンを活用した投票が終了した。

このプラットフォームはボーツ社がブロックチェーンを基盤に開発したものだ。有権者の大半は従来の通常の投票方法で行ったが、特定地域の一部有権者(軍人、軍関係者又は国外の市民)の条件を満たしたものが、端末のブロックチェーン・プラットフォームを利用して投票した。

この投票方法が全面的に利用されるようになれば、莫大な費用や準備時間も節約でき、また投票率が上がることやブロックチェーンを活用するために結果の改ざんや不正が行われないなどというメリットが多く存在する。このブロックチェーンの導入に対して本人確認の技術の脆弱性やブロックチェーン自体に懐疑的な意見もあるようだが、今回の実証実験で、問題点を改善する。

また、ブロックチェーン技術を用いて投票を端末を利用しての投票が可能になれば、モバイルアプリ自体のセキュリティも上がることが予想され、今のセキュリティ問題を大きく改善するだろうとして積極的に取り組まれている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 法定通貨でも、SMS・EメールでのP2P送金可能に[決済の利便性高まる…

  2. 2月のニュースまとめ

  3. 昨日(12/13)のニュースまとめ

  4. 金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

  5. 迷走するビットコイン、しかし価格は100万円の大台へ

  6. ビットコイン価格、金融後進国で高値傾向

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]