ニュース

NEMの追跡劇、NHKスペシャルで放送

コインチェックでNEMが流失した事件から、4か月が経とうとしている。事件後のNEM財団の協力、有志のホワイトハッカーたちの協力もむなしく、犯人側はNEMを他の暗号通貨に交換し、資金洗浄は完了し、もう追跡は不可能とみられていた。しかし、各国のホワイトハッカーたちは交換後も追跡可能なプログラムを開発し、追跡を続けているという。そんなホワイトハッカーたちの活躍、580億円相当のNEM流失事件がNHK総合テレビで5月12日「NHKスペシャル仮想通貨ウォーズ」にて扱われるようだ。

NEM財団では送金先のアドレスに印をつけ、資金移動を追跡していたが3月20日に「追跡を打ち切った」と発表し、そこから資金移動が急速に行われた。NEMは匿名性・セキュリティの高い通貨であるため、他の通貨よりも追跡が困難になっている。しかし、今でもホワイトハッカーたちがその追跡プログラムを開発し、追跡に尽力している。そうしたコインチェックでの事件だけでなく、現在の状況にも興味がある方はぜひご覧になったほうがいいだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨導入に積極的なバルト三国

  2. コインチェック、訴訟費用は最大で20億

  3. Barclays、ブロックチェーン関連企業2社と契約

  4. BCCCが電子トークン「ZEN」の社会実験を開始

  5. Bitcoin取引所Kraken、カナダでサービス開始

  6. スイスの銀行のFalcon Private Bankが数々の仮想通貨を…

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ