ニュース

SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

SBIホールディングスは韓国のコインワン・トランスファーとリップルの国際送金システムを利用したxCurrentのライセンス契約を締結した。

コインワン・トランスファーは韓国で暗号通貨取引所を運営するコインワンの子会社で、ブロックチェーン技術を活用した国際送金サービスを展開している。この契約でxCurrentを自社のサービスと結合することで、リアルタイムでの送金が可能になるという。

リップルを利用しての送金サービスは各国の金融機関でも活用されているが、韓国でこのリップルのシステムが利用されるのはコインワンが初となる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 証券業界がブロックチェーン技術活用のために徒党を組む

  2. フランスは「仮想通貨デリバティブ取引」と「ネット広告」を規制へ

  3. モスクワでブロックチェーン導入

  4. 【スタバ・アマゾンも!】仮想通貨やブロックチェーンの躍進

  5. AMPLE!、ICO第1弾の『Premiumu Sale』で約1億円の…

  6. マレーシア中銀の新規制

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲