ニュース

SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

SBIホールディングスは韓国のコインワン・トランスファーとリップルの国際送金システムを利用したxCurrentのライセンス契約を締結した。

コインワン・トランスファーは韓国で暗号通貨取引所を運営するコインワンの子会社で、ブロックチェーン技術を活用した国際送金サービスを展開している。この契約でxCurrentを自社のサービスと結合することで、リアルタイムでの送金が可能になるという。

リップルを利用しての送金サービスは各国の金融機関でも活用されているが、韓国でこのリップルのシステムが利用されるのはコインワンが初となる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フランスで特別委員会を創設

  2. Coinsquare、ついにXRP上場

  3. アメリカ、ついに暗号通貨の法規制整備に動き出す

  4. 利益を保証するBTC投資会社に停止命令

  5. 北朝鮮ハッカーがビットコインを盗んだと確認

  6. 保身の対応は早いZaif

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事