ニュース

SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

SBIホールディングスは韓国のコインワン・トランスファーとリップルの国際送金システムを利用したxCurrentのライセンス契約を締結した。

コインワン・トランスファーは韓国で暗号通貨取引所を運営するコインワンの子会社で、ブロックチェーン技術を活用した国際送金サービスを展開している。この契約でxCurrentを自社のサービスと結合することで、リアルタイムでの送金が可能になるという。

リップルを利用しての送金サービスは各国の金融機関でも活用されているが、韓国でこのリップルのシステムが利用されるのはコインワンが初となる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マレーシア中央銀行暗号通貨禁止か

  2. ついに国内で公共料金ビットコイン払いが可能に

  3. 詐欺的コイン急増、トラブル多発

  4. 個人間取引で相次ぐ詐欺

  5. 銀行法改正で、アプリ送金が主流に

  6. 中国格付けで1位となったETHって?

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

ニュース

【初心者向け】ICOとは

ニュース

非中央集権は幻想か

ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

ニュース

中国格付けで1位となったETHって?

コラム

暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

ニュース

ブロックチェーン技術を学ぶための大学開校

ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定