ニュース

SBIとコインワン子会社、リップルのシステムで契約

SBIホールディングスは韓国のコインワン・トランスファーとリップルの国際送金システムを利用したxCurrentのライセンス契約を締結した。

コインワン・トランスファーは韓国で暗号通貨取引所を運営するコインワンの子会社で、ブロックチェーン技術を活用した国際送金サービスを展開している。この契約でxCurrentを自社のサービスと結合することで、リアルタイムでの送金が可能になるという。

リップルを利用しての送金サービスは各国の金融機関でも活用されているが、韓国でこのリップルのシステムが利用されるのはコインワンが初となる。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 加賀市、MaaSを視野にMONETと連携[ブロックチェーン都市]

  2. アフリカにおけるビットコインの持つ可能性

  3. ポーランド、規制改善のため徴税を中止

  4. ステーブルコインEURSの取り扱い開始[HitBTC]

  5. Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

  6. ロシア政府はブロックチェーンを活用

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]