ニュース

行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

アメリカのコロラド州は行政の記録保管とセキュリティの為にブロックチェーン技術を使用する法案を可決した。

アメリカの各州では現在ブロックチェーン技術や暗号通貨関連には好意的で肯定的な法律が増加している。例を挙げると電子取引にブロックチェーン技術とスマートコントラクトを使用することを認めたり、法人がブロックチェーン上でデータを保管共有することを認めたり、州の住民が暗号通貨で納税することも認められている。そういったブロックチェーンなどの活用を積極的に認めている状況だ。

今回の行政の記録をブロックチェーン上で行うことが可決されたのは、ブロックチェーン技術を導入することで犯罪者やアクセス権限のないものによる国家機密情報の改ざんや操作ミス、情報漏洩などの問題を解決する手段として認めたためで、この可決により機関はブロックチェーン技術を採用することによる利益と費用を算出するために、各官公署のデータシステムを年に一度評価することが求められる。

また、ブロックチェーン技術の活用が多く見られる状況から政府は今後、高等教育機関に対しブロックチェーン技術をカリキュラムや研究活動に組み入れることを推奨している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨の悪用90%から10%へ

  2. G20、仮想通貨は通貨ではなく資産との見解

  3. CMEのビットコイン先物に注目が集まる

  4. イーサリアムの大会に日本企業選出

  5. Coinbase、新ウォレットは機能豊富

  6. リップル、大学の暗号通貨関連教育支援

PAGE TOP

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]

ニュース

GMOコイン、ウォレットアプリバージョンアップ[キャンペーンも開催]

ニュース

確定申告開始[スマホからの申告も可能に]

ニュース

Coinmama,個人情報流失[パスワード変更を呼びかけ]

ニュース

昨日(2/17)のニュースまとめ

ニュース

違法な業者かの確認を‼[詐欺・商法の例]