ニュース

盗難されたマイニング機器、中国にて発見か

今年、アイスランドで盗まれたBTC用のマイニング機器600台が、中国にあるという可能性が浮上している。

中国は2017年時には暗号通貨マイニングの50~70%を占めていた超大国であるが、そのマイニングによる電力消費、海外資産と通じる暗号通貨の性質などから地方の規制監督の強化が行われ、将来的にはマイナーの電力利用の制限まで行われる方針を示している。また、それに伴いマイニング業者も既に撤退などの準備を進めているが、そんな中国に何故この盗まれたマイニング機器が流れ着いたのだろうか。アイスランド政府は中国政府が押収したという600台のマイニング機器の詳細について現在問い合わせ、確認中だ。

この盗まれた機器の価値は約2.1億円にも上るという。盗難が起きたアイスランドでは国内でエネルギー消費が異常に増加していないかを監視していたが、そうした捜査を行っても機器を見つけることはできていなかった。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. パキスタン中銀、暗号通貨禁止

  2. Poloniexが破産の疑い?

  3. 仮想通貨”保険”って?

  4. フィリピン「クラウドマイニング契約は証券」

  5. ブロックチェーン技術がギャンブル業界を活性化

  6. 本当は凄いXRPは圧倒的

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

ニュース

【初心者向け】ICOとは

ニュース

非中央集権は幻想か

ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

ニュース

中国格付けで1位となったETHって?

コラム

暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

ニュース

ブロックチェーン技術を学ぶための大学開校

ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定