ニュース

ブロックチェーンに対する各国大学の取り組み

暗号通貨市場が急速に成長していく中で、ブロックチェーン業界も成長している。しかし新しい技術であるがゆえに、ブロックチェーン業界は人材不足の問題があり、専門家や技術者の人材獲得の競争が激化している。また、そういう状況から大学ではブロックチェーン人材の育成を期待され、実際に各国の有名大学ではブロックチェーンの学科や暗号通貨に関する学科が新たに開設されている。

世界大学ブロックチェーンカリキュラムレポートによると、ブロックチェーンのカリキュラムを設けているのは中国とアメリカが8校とダントツで多く、それ続く形でイギリスが5校となっている。アメリカではスタンフォード、マサチューセッツ工科大学、イギリスではオックスフォード、ケンブリッジ大学、中国では清華、浙江大学と有名な大学で取り組まれていることがわかる。日本では残念ながら九州工業大学のみとなっている。

ただ、日本の専門講義を行っているのは九州工業大学のみとなっているが、ブロックチェーン技術の研究などは各大学の研究会で行われている。同様に専門講義を設けていない各国の大学でもブロックチェーンについての研究を行っている。

こうした大学でのブロックチェーンに対する取り組みは2018年に急増しており、今後も後を追って増加することが予想される。

詳しい大学名、カリキュラム内容など→https://coinsforest.com/p/8763/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカのスタートアップ企業300万ドル調達に成功

  2. 1週間(10/1~10/8)の注目ニュース

  3. ダイヤモンド追跡に成功

  4. SBI,ブロックチェーンスタートアップ企業へ出資

  5. 昨日(5/25)のニュースまとめ

  6. 国内取引所 BTCBOX

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]