ニュース

ライトコイン(LTC)とは

LTCはBTCを改良し、送金速度を速め、発行上限を4倍に増やし、マイニング難易度を低くした通貨となっている。

BTCから派生したコインとしてはBCHと同じかと思われるかもしれないが、両通貨の開発目的は全く異なる。BTCとBCHでは「どちらが本物か」という論争が続いていることからわかる通り、BCHはBTCよりも優れた支払い手段を目指しBTCからハードフォークして誕生した通貨となっている。ただ、LTCはBTCを基本としてBTCの決済や取引の認証時間などの問題を補完するために開発された通貨となっている。つまりBCHはBTCと対立した通貨、LTCはBTCを支えるための通貨となっている。

LTCは上記の通りBTCの問題を解決するために開発されたもので、BTCの問題の一つとなっている取引時間の短縮が行われている。しかし、この短縮はブロックの生成時間を短くしている、つまりマイニングの難易度が低く設定されていることを意味し、ハッキングが行われた際BTCよりも容易に行われてしまうことを意味する。

また、LTCのこの取引速度は初期のアルトコインであるためにもてはやされた点で、今のように多くのアルトコインが溢れ、高速の決済が可能な匿名通貨などが誕生した今ではその決済速度での優位性は失われている。しかし、LTCはBTCのソースコードをそのまま利用しているため、何か新しい技術が生まれた際LTCで実験してからBTCへの導入を行うといった利用方法もあるためBTCにとっては重要なコインとなっている。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. AIの時代のためのブロックチェーン技術

  2. 仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

  3. 金融庁、ついにICOへの規制検討

  4. ついにビットコインATMを全米展開する企業が現れる

  5. 富士通、電力取引システム開発[安定した取引可能に]

  6. 存在しないはずの【行方不明取引】

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場