ニュース

インド、ブロックチェーンを活用し顧客情報登録

インドのアンドラ・プラデシュ州警察は地元のホテルに対し、ブロックチェーンを活用した顧客情報登録システムの利用を命じた。

このシステムは同じく地元のスタートアップ企業ZebiがブロックチェーンとAI(人工知能)を組み合わせて開発した新しいセキュリティシステムで、ホテルの宿泊客の個人情報を安全に保管し、顧客の利便性向上・犯罪抑止として機能することが期待されているものだ。このシステムでは、警察のデーターベースとも提携しており、顧客が犯罪者や行方不明者ではないか照合される。

このシステムは既に有名ホテルを含む200以上のホテルに提供されているようだ。顧客のプライバシーと考える方もいるかもしれないが、もともとインドの法律で,ホテルには毎日顧客情報を警察に提供する義務があるため、このシステムの導入はホテル側の記入の手間、報告の手間、また警察側も確認の手間を省く効率化に役立っているようだ。今までの顧客情報は登録用紙に書く必要があり、それらの運搬、保管の管理体制などの問題があったという。定期的に訪れる観光客に対しても履歴から確認する手間が省けたとし、顧客情報の管理、としては実に効率的で有用性のあるシステムだとしている。

このシステムを開発したZebiは「インド全域における全てのホテルに展開する」と積極的で、現在そのための準備に取り掛かっているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 押収した暗号通貨、1400万ドルで売却

  2. ビットトレード、シンガポール企業により買収

  3. モバイルファクトリー仮想通貨の導入検討

  4. クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

  5. インド取引所、規制に対抗してP2P取引サービス

  6. 中国、暗号通貨関連アカウント凍結

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ