ニュース

新たにフジデンがBTC決済導入

株式会社フジデンはbitFlyerと提携し、新たにBTC決済を導入した。

フジデンは電設資材の販売・買取を行う、電材買取センター八幡店でのBTC決済を導入した。同社は電気工事、エアコン工事、または工事現場で使用される電線や電設資材、電動工具などの購入が可能である。こういった業界では通常現金決済が主流なのだが、近年ではクレジットカード決済の普及に取り組んでおり、そういった状況の中であらたにBTC決済を導入し、この業界での決済の利便性を図った。

また、プログラミングのオンラインスクールTechAcademyを運営するキラメックス株式会社でもbitFlyerと提携し、BTC決済の導入を行った。bitFlyerは多くの業界と提携してBTC決済の導入を行っている。

国内のBTC決済可能店→https://coinsforest.com/?s=%E5%9B%BD%E5%86%85+BTC%E3%80%80%E6%B1%BA%E6%B8%88

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 今度はブラジルで暗号通貨関連学科が開設

  2. 北朝鮮、2017年に11,000ビットコインを奪取か

  3. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  4. 新たな確定申告ツール

  5. R3コンソーシアムに参加続々、日本のトヨタファイナンシャル、ブラジルの…

  6. 中国大手Huaweiがブロックチェーン技術を活用し保険サービスへ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ