ニュース

暗号通貨業界の育成の行方

日経新聞の中でアメリカリップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは「リップルにとって日本は最大市場の一つであり、期待している」と述べ、また規制に関しては「規制への対応が企業の明暗を分けるだろう」と各国の規制に対して協調的な姿勢で対応することを述べた。

日本ではSBIが主導となってメガバンクを含む61行が加盟しているコンソーシアムでリップルのブロックチェーンネットワークを利用しての送金システムの研究を行っている。リップルは既に世界の100以上の金融機関にその送金システムを採用されているほどの信頼を得ているが、世界でも大規模な暗号通貨市場を持つ日本はそれなりに重要視しているようである。また、規制に対しては「規制を迂回しようとすると失敗する」として、各国の規制に柔軟に対応していくことの重要性を述べていた。

しかし、先日発表された金融庁の暗号通貨交換業者に対する規制を「やりすぎ」と批判する声も多くみられ、これからの暗号通貨業界やブロックチェーン業界の育成を心配する声も上がっている。リップルのような企業が日本の規制によりそって発展していくのは好ましいが、今後国内の暗号通貨関連業界はどうなっていくのだろうか。SBIのコンソーシアムでも既に12行が脱退している。

SBIのコンソーシアム→https://coinsforest.com/p/9473/ 金融庁の審査変更→https://coinsforest.com/p/9702/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. トランプ大統領が暗号通貨を配布⁈

  2. 暗号資産保持者を狙った新たな詐欺

  3. 世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

  4. Ripple、社会貢献を目的に新なプロジェクト/ナスダックXRP上場の…

  5. SonyMusic、ブロックチェーン・AI活用の音楽政策プラットフォー…

  6. EU、世界的対応に先立ち域内での仮想通貨規制も除外せず

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ

ニュース

MoneyGramと韓国大手送金業者提携[Ripple とxRapid]

ニュース

GINKAN、オリコと資本業務提携[トークンエコノミー]

ニュース

Coinbase、イギリス利用者向け入出金で制限

ニュース

TISとINDETAIL、実証実験へ[過疎地域での交通インフラ]

ニュース

ALIS,証明サービス提供開始[ブロックチェーン]

ニュース

Binance、XLMのステーキングサポート

ニュース

ステーブルコインに関する声明[G7・財務省]