ニュース

暗号通貨業界の育成の行方

日経新聞の中でアメリカリップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは「リップルにとって日本は最大市場の一つであり、期待している」と述べ、また規制に関しては「規制への対応が企業の明暗を分けるだろう」と各国の規制に対して協調的な姿勢で対応することを述べた。

日本ではSBIが主導となってメガバンクを含む61行が加盟しているコンソーシアムでリップルのブロックチェーンネットワークを利用しての送金システムの研究を行っている。リップルは既に世界の100以上の金融機関にその送金システムを採用されているほどの信頼を得ているが、世界でも大規模な暗号通貨市場を持つ日本はそれなりに重要視しているようである。また、規制に対しては「規制を迂回しようとすると失敗する」として、各国の規制に柔軟に対応していくことの重要性を述べていた。

しかし、先日発表された金融庁の暗号通貨交換業者に対する規制を「やりすぎ」と批判する声も多くみられ、これからの暗号通貨業界やブロックチェーン業界の育成を心配する声も上がっている。リップルのような企業が日本の規制によりそって発展していくのは好ましいが、今後国内の暗号通貨関連業界はどうなっていくのだろうか。SBIのコンソーシアムでも既に12行が脱退している。

SBIのコンソーシアム→https://coinsforest.com/p/9473/ 金融庁の審査変更→https://coinsforest.com/p/9702/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本で仮想通貨被害が急増

  2. Cboe、SECにビットコインETFの速やかな販売承認を促す

  3. 昨日(8/6)のニュースまとめ

  4. トロン、法定通貨取引の拡大

  5. 富士通がIOTA採用??

  6. 西日本新聞社、ブロックチェーンを利用したメディア

PAGE TOP

ニュース

デジタル通貨に動く世界[自然災害の多い日本・システム]

ニュース

ソフトバンク向け融資、検討[メガバンク]

ニュース

ブロックチェーン技術特許、中国が他国に大差つけトップ

ニュース

ウクライナ、税制引下げ法案の草案提出[税制見直しの動き]

ニュース

GateHub等でハッキング被害、個人情報流出[対策]

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧