ニュース

半導体、マイニング需要の影響

もともと値動きの激しい業界である、半導体製造業では暗号通貨の「マイニング」が新たな値動きの材料として加わったために、その動きはさらに激しいものとなっている。4月下旬に世界から見ても大手の台湾積体電路製造(TSMC)がこのマイニングの需要の変化で2018年の売り上げ予想を従来の10~15%から10%にまで引き下げたほど、暗号通貨業界の影響を受けている。

マイニングの需要も一定ではない。マイニングは採掘の報酬としてマイニングを行った通貨を受け取るが、暗号通貨市場が低迷していれば受け取る報酬よりも、マイニングのための費用がかさむ。つまり、マイニングの需要も暗号通貨市場と連動している。ビットメインのようなASIC市場を独占している企業ならまだ余裕を持てるかもしれないが、その他の半導体関連業はこのマイニング需要を見極め、新たな需要を慎重にあつかっていく必要がありそうだ。

TSMCの記事→https://coinsforest.com/p/9185/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. XVGが2度目の51%攻撃受ける

  2. 国内で進むブロックチェーンの活用

  3. 西日本新聞社、ブロックチェーンを利用したメディア

  4. コロンビア、暗号通貨・ブロックチェーンの成長促進狙う

  5. 富士通、ブロックチェーンの取り組み活発

  6. 国際送金にXRP

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化