ニュース

アゼルバイジャン、暗号通貨取引に課税

アゼルバイジャン税務庁のニヤット・イマノフ氏は「暗号通貨と法定通貨の交換取引による利益は課税対象となる」と発言した。

アゼルバイジャンは石油や天然ガスなどの資源が豊富な国で、今まで暗号通貨に対しては保守的な姿勢を示していた。特に昨年12月では同国中央銀行で「正式な支払い方法ではない」との判断を下していたが、今年に入ってから暗号通貨市場・ブロックチェーン技術研究開発センターと呼ばれる団体が設立され、こういった課税に対する話し合いが行われるなど、暗号通貨を受容れる姿勢になりつつあるのではないのだろうか。

同国では昨年5月から12月で市場が急激に成長し、暗号通貨は収入を得るための手段として今でも人気が高まっているという。「法人が20%、個人が年収1500ドル以下で14%、それ以上で25%」という税制になると、首都バクーで行われた開催された第二回金融投資フォーラムで、暗号通貨の新しい基準について概要を説明した。

同国での取引量は今後も拡大していくことが予想されるため、税務局はこの制度を機に税収が増加することを期待しているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

  2. BTC、再び1万ドルも視野、中国旧正月入りに警戒

  3. 仮想通貨みなし業者、さらに2社が撤退

  4. 世界統一基準での規制、いよいよか

  5. Bainance、素早い対応

  6. JVCEA、金融庁へ認定申請

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事