ニュース

UBS会長「暗号通貨を取り扱うつもりはない」

世界有数の金融会社UBSのアクセル・ウェーバー会長は「BTCなどの暗号通貨での取引を顧客に提供することはない」と自社の姿勢を強調した。

先日GS社がBTCの取引事業への参入を明らかにし、これから金融業界も後に続いて暗号通貨業界へ参入するのではないかという意見が多く見られるが、同氏のこの姿勢はその考えとは反対のものとなる。同氏は暗号通貨の犯罪行為などのリスクを懸念しており、自社で扱わない姿勢を示すと同時に厳しく規制を課すことを求めている。同氏は以前から暗号通貨の性質について疑問を抱いており、「暗号通貨は通貨ではない」と発言している。

また一方でブロックチェーン技術に対しては「顧客、株主、銀行にとっても有益な技術」と評価しており、ブロックチェーン技術の利用価値を認めている。世界各国、各銀行で暗号通貨に対する姿勢は全く異なるが、姿勢を急にやわらげたり、硬化させたりするところもあるため、気長に待つのが良いだろう。GS社も以前は暗号通貨の取り扱いを否定していた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Coinbase、唯一無二の存在となるか

  2. 米グーグル、仮想通貨関連の広告を規制へ

  3. 規制の抜け道もなくす中国

  4. フィリピン「クラウドマイニング契約は証券」

  5. フランス中銀がブロックチェーンの実証実験を実施

  6. G20、2018年7月までに仮想通貨規制案提示で合意

PAGE TOP

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場