ニュース

ICOの規模を視覚化

2014年から2018年3月までに行われたICOで10万ドル以上を調達したICOの規模を視覚化した面白い動画がYouTube上で公開されている。この動画を見ると2017年後半からICOの量も規模も急激に増加していることがわかる。ただ、集合体恐怖症の方がこの動画を見るのはあまりお勧めしない。

2018年3月までのICOの上位3位を紹介する。

1位 Petro 調達金額約5460億円

ベネズエラ政府が発行した暗号通貨で同国の経済状況改善を期待されている通貨、ペトロがなんと1位となっている。このペトロに関しては存在を疑問視する声あるが、順調に資金調達は行われており、現在ではこのペトロを使った暗号通貨銀行の構想も明らかとなっている。

2位 EOS 調達金額約2730億円

スマートコントラクト(自動で契約を実行する仕組み)を利用して、分散型アプリ(Dapps)を作ることに特化した暗号通貨EOSには、今後使用範囲が広がっていくという期待が多く集まっておりこのような調達が達成された。ETHなどでもDappsを作成することは可能だが、このEOSでは処理速度が1秒間で数百万件と非常に早く、使用料も無料となっていることからも人気となっている。

3位 Telegram 調達金額約1850億円

テレグラムはブロックチェーン技術を利用した、匿名性、プライバシー保護対策が非常に優秀なチャットアプリを提供している。一般向けのICOではなく機関投資家や大口投資家向けのICOで効率的に資金調達を行っているように感じられる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. バークシャー傘下の鉄道会社、ブロックチェーン技術適用に注目

  2. ドイツ、医療データ管理にブロックチェーン技術を利用

  3. EOS、脆弱性否定

  4. 【PR記事】ミンドル[MINDOL/MIN]とは?

  5. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  6. 欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ