ニュース

不穏な動きみせるZaifに対する金融庁の動き

金融庁が暗号通貨交換業者に対して実施した立ち入り検査の総括をGW明けに行うと明らかにしているが、登録審査の新方針は既に認可を得ている業者に対しても適応される。それはもちろん当然なのだが、一度業務改善命令を出されたZaifやGMOコインへの対応もこの総括に発表されるのだろうか。

とくにZaifに関しては日本仮想通貨交換業協会の会見を欠席しており、先日資本金を13億円から1億円と減資し、本社の移動を行うという不穏な動きをしていることから、不安視されている。匿名通貨やその他多くのアルトコインを扱っていることで人気のZaifだが、この不穏な動きと金融庁の審査基準の厳格化により今後どうなっていくのか不安が募る

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインゴールド

  2. 待望のセグウィット実装

  3. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  4. 「暗号通貨投資は何も生み出さない」と批判

  5. スペインの銀行が他国間ブロックチェーンでの取引に成功

  6. ETHを資本金として会社設立

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

ニュース

【初心者向け】ICOとは

ニュース

非中央集権は幻想か

ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

ニュース

中国格付けで1位となったETHって?

コラム

暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

ニュース

ブロックチェーン技術を学ぶための大学開校

ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定