ニュース

不穏な動きみせるZaifに対する金融庁の動き

金融庁が暗号通貨交換業者に対して実施した立ち入り検査の総括をGW明けに行うと明らかにしているが、登録審査の新方針は既に認可を得ている業者に対しても適応される。それはもちろん当然なのだが、一度業務改善命令を出されたZaifやGMOコインへの対応もこの総括に発表されるのだろうか。

とくにZaifに関しては日本仮想通貨交換業協会の会見を欠席しており、先日資本金を13億円から1億円と減資し、本社の移動を行うという不穏な動きをしていることから、不安視されている。匿名通貨やその他多くのアルトコインを扱っていることで人気のZaifだが、この不穏な動きと金融庁の審査基準の厳格化により今後どうなっていくのか不安が募る

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Samsung電子が仮想通貨マイニングベンチャーを立ち上げへ

  2. UPSはブロックチェーンでペーパーレスへ

  3. BitMEXによる、テザーの最新調査

  4. 香港、専門家確保のための新移民政策

  5. ビットコインの拡張性について

  6. JPモルガン、資産のトークン化計画か

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ