ニュース

不穏な動きみせるZaifに対する金融庁の動き

金融庁が暗号通貨交換業者に対して実施した立ち入り検査の総括をGW明けに行うと明らかにしているが、登録審査の新方針は既に認可を得ている業者に対しても適応される。それはもちろん当然なのだが、一度業務改善命令を出されたZaifやGMOコインへの対応もこの総括に発表されるのだろうか。

とくにZaifに関しては日本仮想通貨交換業協会の会見を欠席しており、先日資本金を13億円から1億円と減資し、本社の移動を行うという不穏な動きをしていることから、不安視されている。匿名通貨やその他多くのアルトコインを扱っていることで人気のZaifだが、この不穏な動きと金融庁の審査基準の厳格化により今後どうなっていくのか不安が募る

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. コインチェック、ネムの補償開始

  2. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

  3. 36の国と地域で仮想通貨の規制枠組み作成

  4. ブロックチェーンでホームレス・難民などの問題を解決へ

  5. 台湾でビットコイン保持が違法に

  6. NY証券取引所、ビットコインのインデックスを取扱い開始

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲