ニュース

「暗号通貨の未来を信じる人がいるなら適正に扱うべき」

アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の元理事であるケビン・ウォルシュ氏は同理事会がデジタル通貨を発行することに関して検討するに値するのではないかと考えを明らかにした。

同氏によると暗号通貨は「現金にとって代わるということではないが、危機が起きた時の金融政策を実施する有効手段となり得る」とし、合法なものと位置付けるためにもFRBが発行するFedコインに対する検討を行ってもよいのではないか、とした。

各国の中央銀行は暗号通貨を危険視し、取り扱いを行っていないが、同氏は「多くの人々が暗号通貨を今ある現金の未来だとある程度信じているのなら、目新しい技術だと得体のしれないものだと扱うのではなく、適正に扱う必要がある」とした。

銀行や政府が措置を行っていても、暗号通貨の未来を信じる人々は多くいる。だからこそ規制に反発したり、国を挙げて暗号通貨を受容れたりしているのだろう。こうした人々の動きからも暗号通貨を「危険なもの」と切り捨てず、真摯に向き合うことが必要なのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコインインデックスは『通貨の踏み石』?

  2. 暗号通貨は世界金融の安定の脅威ではない

  3. 広告も認可制、市場の健全化へ

  4. 中国、新たにブロックチェーン技術の実装

  5. ICOだけじゃない!400種以上もの詐欺コイン

  6. コインチェック再開期待高まるが…

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響