ニュース

ベネズエラ、暗号通貨銀行設立計画

ベネズエラのマドゥロ大統領は同国が発行している暗号通貨、ペトロによる暗号通貨銀行の設立を発表した。

同大統領は若者の雇用促進計画に関する演説の中で暗号通貨銀行の構想を発表した。現在ベネズエラ経済はアメリカによる制裁によってハイパーインフレ状態になっているため、国民にとって政府発行の法定通貨よりもBTCのような非中央集権の暗号通貨のほうが、リスクが少なく魅力的なものとなっている。しかし、この暗号通貨は制裁回避のためのものであることや、ペトロの裏付けとなる石油が疑問視されていることから、同通貨に対しては懐疑的な意見も多く見られる。

大統領の構想の中ではデジタル暗号通貨銀行は2000万ペトロ(1200億円)の資金が提供される予定で、さらに国家の経済を支えるために大学が独自の暗号通貨マイニングファームを保有する必要性も指摘している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Mt.GOX事件で失われたビットコインの調査が終了した模様

  2. EOS、脆弱性否定

  3. マスターカードが偽造ID対抗にブロックチェーン技術

  4. 南アフリカ、暗号通貨取引所立ち上げ

  5. 大手監査法人デロイト、中央銀行発行の仮想通貨に言及

  6. デジタルバンクのWB21がビットコインの受け入れを開始へ

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲