価格速報・値動き分析

ビットコイン値動き分析@2018.05.07

おはようございます。「コインの森」管理人です。最近はTwitterでのみビットコインのチャートをUPしていましたが、押し目形成に付き、記事解説します。

① 全体の動き

全体としては、過去最高高値を付けてから下落トレンドであったBTCが今は横ばい傾向です。市場としては反転上昇トレンドを望んでいる人が多いです。(私を含めて…)日足の三角持ち合いのラインから見ていきます。

この2つのラインに対して値がどう反応するのか注目されていました。

動きのパターンは大きく分けて2つ。

a, そのままレジスタンスラインとして下落を助長する

b, 一度抜けて、サポレジ転換し上昇へ向く

そして結果はこちら。

上昇へ転ずると考えられるポイントはサポートラインがハッキリと機能している点ですね。橙色の印を付けました。

長期目線でポジションを持てるからはこの点から十分に”買い”をしかけても良いでしょう。次は短期目線で見てみます。

② 短期の動き

短期としても、BTCチャート上のなかでかなり重要なラインが”また機能”したことが確認できました。まずは、そのラインを見ていきましょう。下記のチャートのブルーのラインを確認してください。これはBTCチャートでは大事なラインの1つです。

徐々にアップにして直近のチャートでの値動きとのかかわりを見ていきます。

日足のサポートラインと同様に一度抜けたが戻ってきて、レジスタンスラインとは機能せず抜けてしまいサポレジ転換という流れですね。さらにここ2週間のチャートに合わせてみます。

先ほど、このラインを用いた押し目が形成されました。押し目や戻り目は『根拠と合わさることで威力が増す』というのは定番の考え方です。相場のテクニカル分析派としてはこの形は素直に受け入れるしかないでしょう。

※ チャート形状というのは「傾向」です。傾向というのは統計の1つであり、相場の流れの中でどのように自分が”売買”していくかの指針の1つです。

1時間足はこちら。

短期取引をする方は、このような根拠で大きな流れを意識し、その後自分の取引時間等に合った時間軸のチャートでさらに細かい押し目を拾っていくイメージが良いと思います。

【 質問等は下記よりお気軽にどうぞ!】

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコイン価格の乱高下

  2. 予定通りビットコイン続伸!@チャート分析

  3. BTCチャート分析@2017.12.23 ~初期BTCとの比較~

  4. ビットコインキャッシュ急騰

  5. ビットコインチャート分析@2017.11.2

  6. ビットコイン安値を試すか?@2017.12.25

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事