ニュース

国税庁、脱税取り締まるために暗号通貨研究

金融庁の認可の降りている取引所では顧客の本人確認や資金洗浄・テロ資金援助などの犯罪利用に対する対策が取られており、今後暗号通貨業界に参入する企業にもそういった対応が求められている。しかし、個人で取引を行っている場合はどうだろうか。

国税庁は暗号通貨を利用した課税逃れや資産隠しの警戒を強めており、実際に当局では暗号通貨を購入してその仕組みを研究し、交換会社とも協力して高額取引者のリストを制作している。警視庁も昨年12月に大手交換会社10社と情報共有の協定を締結しており、不審な取引・サイバー攻撃などを受けた際には速やかに対処できるように協力関係にある。

しかし、これらの取り組みは決して万全とは言えないだろう。国内の取引所を利用しているだけならともかく、国外の取引所は多く存在し利用することができる。国によっては行われている規制も異なるために、仮に犯罪利用されていたとしても操作するのは難しいだろう。金融庁が犯罪利用を恐れて取り締まろうとしている匿名通貨に関しても、規制できるのは所詮国内の取引所にとどまってしまう。こうした現状から国の業界全体での協力が必要なことはもちろん、世界でも協力して規制を行う必要がある

しかしこうした匿名性を把握しようとする動きは確かに国民を守るための必要な行為なのかもしれないが、人としてのプライバシーという権利も存在する。国が防犯のためといってすべてを把握する、管理する状態から解放される可能性をもつ暗号通貨だが、その立ち位置は今後どうなっていくのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. プライベートチェーンは無意味か

  2. 中国の取引所「BTCC」が閉鎖

  3. 政治プラットフォーム、ネムブロックチェーン企業と提携

  4. 5月中旬、暗号通貨イベント一覧

  5. 本当は凄いXRPは圧倒的

  6. 仮想通貨の成長に欠かせないもの

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響