ニュース

FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

アメリカの連邦取引委員会(FTC)は今年6月に暗号通貨詐欺に関する研究集会を介する予定であることを発表した。

FTCの公式サイトでは「現在の暗号通貨詐欺ではマイニング専用マシンの違法販売、投資やビジネスチャンスの偽り、などがありFTCではこうした詐欺師に責任を取らせることに尽力してきた」と述べており、このイベントでは法務執行機関・消費者団体・民間企業などを対象に詐欺師が暗号通貨をそう活用して利益を出しているのかを探り、消費者を保護する方法について話し合うことを予定している。

「詐欺師は古くから使われている詐欺の手法をいかに新しい方法で商売するかを探している」と述べ、まだ正しい知識、認識が広まっていない暗号通貨は格好の餌となっている。これを防ぐには消費者には詐欺への警戒を呼び掛けると同時に、詐欺の知識、暗号通貨の知識を教育することが必要だと考え今回のイベントを開催するようだ。同イベントはシカゴのデポール大学で6月25日に開催予定で公開は無料となっている。

詐欺が横行している業界は人々から不信感を持たれ距離を置かれてしまうが、そういった人にこそ正しい知識、どういう危険があるのかを理解してもらう必要があるのだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 欧州議会議員、仮想通貨をMiFID2の適用対象へ

  2. 昨日(2/8)のニュースまとめ

  3. 個人向けの暗号通貨保険誕生[取引所ではなく個人で契約]

  4. CoinGecko,新たな取引高算出方法[取引所の信頼スコア可視化]

  5. 昨日(7/4)のニュースまとめ

  6. 暗号通貨Tronを悪用した詐欺、Tron財団が公式声明発表

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座注文方法[成行・指値・逆指値]

ニュース

令和2年度税制改正大綱決定[暗号通貨税制の改正なし]

ニュース

バーゼル銀行、パブリックコメント募集[暗号通貨規制]

ニュース

オランダ大手ING,カストディサービス開発[伝統的な金融機関の動き]

ニュース

昨日(12/12)のニュースまとめ

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開