ニュース

ユニセフ、マイニングで寄付募る

国連児童基金(UNICEF)は暗号通貨のマイニングで慈善事業に参加できるWebサイトを公開した。

ユニセフのWebサイト、希望のページ(https://www.thehopepage.org/)をアクセスすると暗号通貨マイニングのために閲覧者の所有機器を利用してマイニングを行う許可も求められるので、それを了承することで初めてマイニングが行われる。ちなみに60%の計算能力を提供する設定になっているが、最大80%の計算能力を提供することができる。また、このマイニングは閲覧時のみに機能する仕組みになっており、同サイトに長く滞在するほど多くの暗号通貨がマイニング可能となる。

こういったマイニングはよく無断利用する犯罪として扱われることが多いが、こうした許可を求めてくる良心的な利用が認識されることで暗号通貨に対する不信感も少しは薄らぐのではないだろうか。またユニセフ以外にも無料メディアでこの形式で収入を得るサイトも存在している。

マイニングによる収入を得るサイト→https://coinsforest.com/p/7023/

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメックス子会社、ブロックチェーンによる決済システムの特許申請

  2. 中国Huobiがシリコンバレー進出

  3. ドイツ・フランスG20で仮想通貨規制案提出

  4. アメリカ郵政公社がブロックチェーン関連特許申請

  5. 【速報】JPモルガンのCEOがビットコインに警告

  6. FinTechが貧困を救う。発展途上国への普及にゲイツ財団が一役。

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」