ニュース

ダイヤモンドによって保証されている暗号通貨

ドバイの王族が支援するジョイントベンチャーがダイヤモンドに裏打ちされた3つの暗号通貨資産AI Mas・AI Haqeek・AI Falahを発表した。

この暗号通貨は、アル・カシールグループ会社がデジタル台帳技術を使用したダイヤモンド取引で、従来の通貨にある激しい価格変動や価値の保存性の低さがない新しい暗号通貨としている。これらの3つの通貨はインドの宝石学会(IGI)の認定を受けたダイヤモンドによって価値を証明しているため、価値を保存し指導させることが可能となっている。

この通貨の公式取引は2018年8月21日から24日に開始され、同資産は同グループ傘下の仮想資産取引所でBTCやETHなどの暗号通貨、またはダイヤモンド・宝石・香水などの商品と直接取引されることとなる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所Bitfinex、出金対応に遅れ[資金不正利用から出金要請相次ぐ…

  2. ビットコインのトランザクション解析技術が人身売買抑制に

  3. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  4. 仮想通貨で儲かった人はリタイヤ生活?

  5. モバイルファクトリー仮想通貨の導入検討

  6. Binance.com,取引再開、システムをアップグレード後

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ

ニュース

MoneyGramと韓国大手送金業者提携[Ripple とxRapid]

ニュース

GINKAN、オリコと資本業務提携[トークンエコノミー]

ニュース

Coinbase、イギリス利用者向け入出金で制限

ニュース

TISとINDETAIL、実証実験へ[過疎地域での交通インフラ]

ニュース

ALIS,証明サービス提供開始[ブロックチェーン]

ニュース

Binance、XLMのステーキングサポート

ニュース

ステーブルコインに関する声明[G7・財務省]