ニュース

暗号通貨規制には全体の協力必要

商品先物取引委員会(CFTC)は講演にて、暗号通貨業界で規制を行う際には規制当局と市場参加者、そして証券取引委員会(SEC)との協力が不可欠であることを強調した。

CFTCでは暗号通貨に関連する企業団体などが業界内で規制を決めていく自主規制の動きに対して「業界の成長に注目しておこなわれている」ために懐疑的で、市場参加者や規制当局がともに協力して最適に規制を作っていくべきだと考えているようだ。

CFTCでは暗号通貨市場全てが詐欺まがいであるという考えは誤解であると考えているが、そういった業界内での内輪の成長のための規制で経済安定を妨害する脅威になる可能性を秘めていることからも、暗号通貨発展の状況は常に様々な人間・機関で協力しフォローする必要があると考えている。

確かに市場の健全化の為に自主規制団体は発足しているが、同じ業界で集まって規制すると視界が狭まってしまう危険性もある。こうして冷静に様々な機関からの意見を取り入れることも大事だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. カナダの銀行、暗号通貨取引を拒否

  2. SNS大手の暗号通貨広告禁止に対する訴訟

  3. bitFlyer USAが事業開始

  4. ビットコインゴールド付与後の対応

  5. ネットバンクのSwissquote銀行が新サービス

  6. ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲