ニュース

取引所がICOを取り仕切って健全化へ

暗号通貨取引所QUOINEXやQryptosを運営するQOUINEはICOホスティングサービスのべータ版を開始したようだ。

このサービス名はICO Mission Control(ICO管理センター)といい、暗号通貨取引所のQryptos内に設置されることとなっている。同サービスではトークン発行者ではなく取引所が本人確認や資金洗浄に関する審査を行ったうえで、トークンセール終了後取引所に上場させ流動性を確保するものとなっている。つまり取引所がICOを取り仕切る形となっている。このサービスによりICO終了後の流動性という新規トークン発行の際に課題となるものが解決されることが見込める。また、ICOへの投資者にとっても信用のある取引所が請け負うICOであれば、詐欺へのリスクも回避できるのではないだろうか。

ただ、このQryptosは金融庁の認可を受けている取引所QOUINEXとは異なりシンガポール法人で非日本居住者を対象に運営されているもので、QryptosのICO売買規制では日本居住者はアクセス不可となっている。同社はいずれQOUINEXにも同サービスを提供したいと考えてはいるようだ。ただ、国がICO規制や合法化などの対処が進んでいない現在ではこうした信頼のある取引所が仕切ってICOを行うことでICO全体の健全化には近づくのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

  2. インドではビットコインは法定通貨としない

  3. 欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

  4. DAGとは?

  5. 格付け機関の暗号通貨評価

  6. ビットコインは心理的節目1万ドル突破

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事