ニュース

地方債発行にブロックチェーン技術

カルフォルニア州バークレー市はプロジェクトの資金調達の為に公的資金にブロックチェーンを活用する計画を進めた。

この計画はブロックチェーン技術を活用して地方債を販売する試験的なもので、債権の最低価格を下げることで投資しやすくし、また最終的には新たな技術を使っての資金調達法を市の金融インフラに導入することを目指しているようだ。

通常の地方債最低額面金額は50,000ドルとなっているが、今回の試験事業では10~25ドルの範囲の額面金額で行う。一般的な地方債よりもさらに小規模で行うことで、簡単に債券を購入することができ、また一般市民にとっても市が中心となって行うプロジェクトへの投資がより身近になることが狙いの事業となっている。

こうした取り組みから、さらに前進して政治的に許されるノアならトークン化した通貨での資金調達も行っていきたいと考えているようである。ただ、ブロックチェーン技術に他する信用度とは関係なしに、暗号通貨に対しては懐疑的な考えを持つ人々が多いことから暗号通貨を取り入れての動きはまだ遅くなりそうである。

 BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 【PR記事】MINDOL、2度目のTOB実施中

  2. 取引所[楽天ウォレット]、6月にサービス開始予定[取引所の動き]

  3. BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

  4. 取引所が個人のウォレットを差し押さえられるのか

  5. 配当還元型の取引所トークン[注目]

  6. 金融庁行政方針発表[技術に配慮しつつ業界の適正化]

PAGE TOP

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]

ニュース

スマホ決済[PayPay]を悪用[クレジット情報などは厳重に管理を]