ニュース

オマーン銀行、リップルネット加盟

オマーンの銀行であるBankDhofarがリップルのブロックチェーンネットワークに加盟することが明らかとなった。

BankDhofarは70もの支店と系列銀行を持つ湾岸地域で1,2を争うほどのメガバンクの一つで、創業以来顧客の決済の利便性を追求してきた銀行である。同銀行の加盟したこのリップルネットには既に100以上の銀行、関連機関が加盟しており、この加盟により加盟間でのブロックチェーンを利用した迅速かつセキュリティ性も透明性も高いクロスボーダー決済を提供することが可能となる。またこのリップルネットには日本の銀行も加盟しており、今現在でもその加盟銀行は増え続けている。もちろん、この加盟は各国の中央銀行も行っている。

こういったリップルネットに参加する銀行・金融機関が増えることでこのリップルネットの存在感は増し、さらなるシステムの発展が見込めるのではないだろうか。

 BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. IBMが小規模企業向けの安価プラン開発

  2. 昨日(11/5)のニュースまとめ

  3. ウィーペイCEO、仮想通貨での支払いの需要を感じない

  4. インドの法規制検討難航、CBDC計画も停滞

  5. 価格150%引上げ、募るペトロへの不信感

  6. ロシア、公的なブロックチェーンプラットフォーム構築か

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ