ニュース

モナコインのバー6月中旬オープン予定‼

日本発祥の暗号通貨といえばMONAコインだが、そのMONAコインのバー「モナバー」が6月中旬から7月に東京でオープン予定だ。

MONAコインは2ch(今は5ch)のソフトウェア版で開発された通貨だ。( ´∀`)<オマエモナーの「モナ」をとってモナコインだ。掲示板で親しんでいたものからすると、ネタコインでは、と思われるかもしれないが、送金速度やコミュニティ内での投げ銭、店舗での支払いなど実に実用的で非常に優秀なコインなのだ。

そんなコインのモナバーが誕生する。「仮想通貨がわかる・もらえる・あじわえる」をコピーとして暗号通貨気軽に楽しめることを目標に掲げているこのバーでは、MONAコイン以外にもなんと日本産の暗号通貨BitZeny(ZNY)やNANJ COIN(NANJ)さらに人気の高いNEMやXRPでの決済を採用している。人気の高い通貨での決済も可能で、暗号通貨をよく知らない人でも楽しめるような雰囲気を目指しているバー、気になる人はぜひ行ってみよう。

もちろん、バーなのでカクテルも用意されているがこのカクテルもそれぞれの暗号通貨をイメージしたオリジナルカクテルが用意されており、お酒が苦手な方でも安心のノンアルコールカクテルも用意されている。特にMONAコインをイメージしたカクテルはとても可愛らしく( ´∀`)この顔が乗っている。また、モナ茶漬けという( ´∀`)の顔がかかれた最中が乗っているしゃれのきいたお茶漬けもあるのでおなかを満たしたい人にもお勧めできるのではないだろうか。

公式サイト→http://monabar.tokyo/ 公式Twitter→https://twitter.com/monabar_tokyo

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 多額のビットコイン保有のサイバー犯罪組織の幹部を逮捕

  2. 昨日(10/31)のニュースまとめ

  3. 中央銀行によるデジタル通貨の発行

  4. ビットフライヤー上場銘柄、インサイダー事件

  5. 日本で仮想通貨被害が急増

  6. フェイスブック、フェイスブックコイン真剣に検討へ

PAGE TOP

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ