ニュース

GS社、BTC市場へ参入

ウォール街を代表する金融機関ゴールドマンサックス社(GS)はBTCの取引事業へ参入する予定を明らかにした。

GSはヘッジファンドや投機投資家などから多くの資金調達をしており、GSの取締役会は暗号通貨のデリバティブ商品の提供に賛成した。同社ではBTCを現物取引で取り扱うのではなく、先物の一種であるノンデリバラブ・フォワード取引(NDF)で取り扱うことが予想されている。このNDFとは為替予約取引の一つで、あらかじめ決められた取引価格と決済時の実勢価格との差額を差金決済する取引で、元本の受け渡しがないために取引相手が破綻したり、契約が履行されないリスクがないことが特徴の取引だ。

つまりGS社はBTCそのものを扱うのではなく、あくまでBTCの価格と連動する商品として取り扱うようだ。ただ、同社は最終的にBTCの現物取引の提供を考えているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ロシア初、債券取引をブロックチェーンプラットフォームで

  2. イランはビットコインに明るい

  3. アメリカ政府がUAEブロックチェーン開発を支援

  4. 米マネーグラムがXRP利用

  5. アメリカAmazonのCEO「ブロックチェーンは不要」

  6. ロシア、暗号通貨利用に新たな規制か

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ