ニュース

GS社、BTC市場へ参入

ウォール街を代表する金融機関ゴールドマンサックス社(GS)はBTCの取引事業へ参入する予定を明らかにした。

GSはヘッジファンドや投機投資家などから多くの資金調達をしており、GSの取締役会は暗号通貨のデリバティブ商品の提供に賛成した。同社ではBTCを現物取引で取り扱うのではなく、先物の一種であるノンデリバラブ・フォワード取引(NDF)で取り扱うことが予想されている。このNDFとは為替予約取引の一つで、あらかじめ決められた取引価格と決済時の実勢価格との差額を差金決済する取引で、元本の受け渡しがないために取引相手が破綻したり、契約が履行されないリスクがないことが特徴の取引だ。

つまりGS社はBTCそのものを扱うのではなく、あくまでBTCの価格と連動する商品として取り扱うようだ。ただ、同社は最終的にBTCの現物取引の提供を考えているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカ郵政公社がブロックチェーン関連特許申請

  2. 世界最大手通販eBay、暗号通貨関連の特許申請

  3. 大手監査法人デロイト、中央銀行発行の仮想通貨に言及

  4. ブロックチェーン企業Gincoの勉強会[FAFTふまえたKYCとAML…

  5. ハッキングされたハードウォレットの脆弱性を指摘

  6. JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

PAGE TOP

ニュース

1週間(8/19~8/26)のニュースまとめ

ニュース

10月に始まるポイント還元制度[キャッシュレス]

ニュース

[金融広報中央委員会]知るぽると、[わたしはダマサレナイ!!]を掲載

ニュース

[Facebook]Libraからの脱退検討企業、出現か[規制]

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]