ニュース

韓国、ICO合法化へ

韓国の国会議員らはICOとデジタル通貨の発行を合法化する法案に取り組んでいる。

昨年末からICOが禁止されていた韓国だが、今年3月に同国政府の一部では厳しい政府の基準に従うのであればICO禁止措置を解除することを検討するという噂がまことしやかに囁かれていたが、今回のこれはそれに沿ったもののようだ。今月2日に開かれたICOとブロックチェーンに関する討論では「ブロックチェーン関連のビジネスが直面している不確実性を取り除くこと」を目的に、ICOが合法化されるべきという意見が主張された。

韓国ではキャッシュレス社会の実現を目標として暗号通貨やブロックチェーン技術を活用することの検討もされている。この動きを受けて、現段階でも大きい暗号通貨市場を持つ韓国はさらに発展することが予測される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中央集権的取引所への宣戦布告

  2. 昨日(8/23)のニュースまとめ

  3. Mt.GOXの民事再生、Bitcoin価格への影響

  4. 空港30店舗でNEM決済開始[オーストラリア]

  5. Ripple、金融機関とブロックチェーンを繋ぐ技術を発表

  6. 暗号通貨の不正取引、取り締まり強化[日本]

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ