ニュース

匿名通貨といえば

匿名通貨といえばDash、Monero、Zcashの3つが挙げられるが、このうちの1つMoneroについて今回は紹介する。

モネロ(XMR)は高度な匿名技術と高いセキュリティ性能を誇る通貨であるため、誰が誰にどれくらいの資産を送ったのかわからないため資金洗浄や脱税に使われる可能性が高いとされている。こうした匿名性やセキュリティの高さは上記の匿名通貨にはそれぞれ当てはまるが、XMRは特に匿名性に特化している通貨だ。

XMRではリンク署名を実装しており、実際の取引時の署名者を不明にし、第3者へのアドレス開示を秘匿している。昔の百姓一揆で誰が首謀者かわからなくするためのから連番と同じような感じだ。署名者同士を区別することもできない上に、まとまった額の送金であってもばらばらに分解して、混ぜて送金するために送信者をより特定しづらくなっているのだ。また閲覧用プライベートキーと送金用プライベートキーの2つから生成されるワンタイムアドレスは非常に長く、さらに送金を行う度に変化するため非常に複雑なものとなっている。こうした特徴から匿名性に特化した通貨として有名なのだ。

こうした特徴と取引速度がDashには及ばないものの、他の通貨よりも比較的早い2分ほどで完了することからダークマーケットで有名なAlphaBayで決済手段として利用されている。また45組のミュージシャンや5つのオンラインストアでも決済手段として採用されている。

日本ではその匿名性の高さから金融庁の認可が下りないのではないかといわれている。

モネロ、ハードフォークで5つに分裂

関連記事

  1. シンガポールにてブロックチェーン会議が開催予定

  2. トランプ大統領が暗号通貨を配布⁈

  3. インド中銀の禁止令は違憲と判断

  4. コインベースへの苦情が殺到中

  5. 韓国のカード会社が他国取引所への決済を遮断

  6. FRB「暗号通貨の価格変動は脅威になり得ない」

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ