ニュース

歯ブラシにブロックチェーン技術⁈

中国深センにあるベンチャー企業、32Teethは健康的できれいな歯並びにすることを目的に、ブロックチェーン技術を活用した歯ブラシの開発を開始した。

この歯ブラシではブロックチェーン技術を活用し16歯面洗浄度を正確に識別し、利用者のブラッシング情報を分析し、どの部分を入念に磨くべきかを教えてくれる仕組みになっているという。また、この歯ブラシには顔認識やセンサー技術なども応用し他の優れた技術も搭載するつもりのようだ。

また、面白いことに32本ある歯をそれぞれマイニング場に見立ててしっかり磨いた本数や頻度に応じて、歯ブラシや歯科衛生サービスに交換可能なトークンAYAがもらえるという。これなら子供の歯磨きもゲーム感覚で出来、磨き残しもなく清潔な構内を保てるのではないだろうか。しかし、このプロジェクトに対しては報酬を受けるために犬など動物に使わせる人もいる、磨きすぎて、歯を削る可能性もあるなどという批判もあるようだ。まだ開発段階のため、実際の機能がどうなるのかは不明だが、面白い商品なのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン業界を公式に産業として認可[韓国]

  2. インドの中央銀行が警笛を鳴らす

  3. ウォレット業者への規制、範囲はどこまでか[金融庁第9回研究会]

  4. コールドウォレットカードでトークンをリアル配布

  5. サイバー対策に本腰を入れた警視庁

  6. 昨日(5/24)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ