ニュース

ソーラパネル、使用料を暗号通貨払い

国連開発計画(UNDP)が暗号通貨スタートアップ会社、Sun Exchangeと提携した。

この計画はモルドバ大学に太陽光発電を導入するもので、この太陽光発電、ソーラーパネルを何らかのトークンで直接取引することを目指しているという。また、このソーラパネルは同大学に導入されるが、実際に所有しているのは世界中の個人であるため所有者に対しては使用料としてBTCや同社独自の暗号トークン、ソーラーコインで支払われることになっている。現在のブロックチェーンでは実現不可能なデジタルでの取引を可能にすることを目標に、こうした取り組みが行われているという。これはまだ試運転であるが、この検証で好評だった場合、より多くの国にこうした取り組みが広がるのではないかと同社のCEOは述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. テザー問題の影響に関する試算、最大27%ビットコインが下落

  2. 昨日(10/26)のニュースまとめ

  3. JVCEA、分別管理に関するチェック項目とポイント公表

  4. マウントゴックス破産財団の売却影響は織り込み済み!?

  5. アップル創業者がビットコインに投資?

  6. マネータップ、新たに7行が資本参加[xCurrent利用するMoney…

PAGE TOP

ニュース

コインの森トレード学習講座注文方法[成行・指値・逆指値]

ニュース

令和2年度税制改正大綱決定[暗号通貨税制の改正なし]

ニュース

バーゼル銀行、パブリックコメント募集[暗号通貨規制]

ニュース

オランダ大手ING,カストディサービス開発[伝統的な金融機関の動き]

ニュース

昨日(12/12)のニュースまとめ

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕