ニュース

ソーラパネル、使用料を暗号通貨払い

国連開発計画(UNDP)が暗号通貨スタートアップ会社、Sun Exchangeと提携した。

この計画はモルドバ大学に太陽光発電を導入するもので、この太陽光発電、ソーラーパネルを何らかのトークンで直接取引することを目指しているという。また、このソーラパネルは同大学に導入されるが、実際に所有しているのは世界中の個人であるため所有者に対しては使用料としてBTCや同社独自の暗号トークン、ソーラーコインで支払われることになっている。現在のブロックチェーンでは実現不可能なデジタルでの取引を可能にすることを目標に、こうした取り組みが行われているという。これはまだ試運転であるが、この検証で好評だった場合、より多くの国にこうした取り組みが広がるのではないかと同社のCEOは述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. メイウェザーもICOに参加?

  2. 日銀山岡氏「仮想通貨が紙幣を超えて普及する可能性小さい」

  3. 仮想通貨の格付けへ

  4. 通信事業者がブロックチェーンで管理

  5. 仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

  6. マレーシア中銀、投資家の誤解を招くICOに対して注意喚起

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ