ニュース

国内の取引所④

今回は東京ビットコイン取引所からDMMBitcoinに社名変更した取引所について紹介する。同取引所はアダルトから英語学習、ゲームまであらゆるビジネスを行っているDMM.comのグループ会社となっており、今勢いのある取引所だ。

取扱通貨はBTC・BCH・LTC・ETH・ETC・XRP・NEMの7種の通貨となっているが現物取引ができるのはBTCとETHのみで、その他の5つの通貨に関してはレバレッジ取引取引でしか購入できない。ただ同取引所では期間限定ではなく常時各通貨の取引手数料が無料となっており、さらに入出金についても無料となっている。

またレバレッジ取引についても同取引所以外の国内取引所ではレバレッジ取引の対象をBTCのみとしており、アルトコインでのレバレッジ取引は対象外となっている。しかしDMM.comではアルトコインを含めた7種の通貨で最大5倍までのレバレッジ取引が可能となっている。

またセキュリティ面では2段階認証、SSL暗号化通信、コールドウォレットでの保管管理、顧客資産と会社資産の分別管理を行っており、さらにはLINEでの24時間365日の万全なサポート体制が整っているため、初めて暗号通貨を購入する方にも安心の体制となっている。

ただ、同取引所では現物取引が少なく、またスプレッドが大きいため利益を出すのは難しくなっているように思える。ただ、アルトコインでもレバレッジ取引が可能となっている点は他に見られない、珍しい取引所となっている。

関連記事

  1. 富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

  2. XRP急騰にリップラー安堵、目指すはその先

  3. Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

  4. ロシア初、債券取引をブロックチェーンプラットフォームで

  5. イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

  6. コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スイス政府、自国発行デジタル通貨の検討・調査

ニュース

【初心者向け】ICOとは

ニュース

非中央集権は幻想か

ニュース

マネックスグループ、暗号通貨事業で海外進出検討

ニュース

中国格付けで1位となったETHって?

コラム

暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

ニュース

ブロックチェーン技術を学ぶための大学開校

ニュース

Apple共同設立者、暗号通貨を肯定