ニュース

イタリアの規制状況

イタリア経済金融省財務局は、暗号通貨サービス事業者に対して「暗号通貨関連業務に関連する企業・法人は、その活動を経済金融省に報告する」という報告要件を規定した法令を公布した。

この政令はイタリア政府がこの新たな産業が、国内経済に影響を及ぼす前に暗号通貨への動きを把握していくためのものとみられている。現段階での目立った規制はない、というより実質的には暗号通貨業界に対して政府は関与していない。暗号通貨交換に対する課税、規制は行われておらず、税務当局でも暗号通貨購入は課税所得にならず資本利得税の対象にもならないとしている。そのため同国ではBTCを決済手段として使用する企業が増加している。

また暗号通貨同様、ブロックチェーン技術に関しても寛容で、ブロックチェーン技術実験の受け入れにも好意的である。またこの技術に関して教育が必要という呼びかけが大きな反響を得て、ブロックチェーン主導者や専門家が取り上げられる番組が人気になっている。

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 北朝鮮ウイルス使い仮想通貨を不正入手

  2. 電気料金未納でマイニング企業閉鎖

  3. 中東で初めての仮想通貨取引ライセンス獲得業者現る

  4. XRP、各国取引所に上場

  5. コインチェック、再開間近

  6. カナダの証券監督当局がICOを容認

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲