ニュース

暗号通貨業界で重要な位置になるカナダ

スイスやマルタ、オーストラリアなどが暗号通貨業界にとって、活動しやすい国として挙げられるがその流れにカナダも続いていくようだ。

カナダは他国に先駆け技術革新や低エネルギーコスト、高速インターネット環境の普及率に加え、寒冷でマイニングに適した環境、暗号通貨業界にとって理想的な規制体制を整えており、今後暗号通貨業界にとって重要な立ち位置になるのではないかとみられている。またブロックチェーン技術の活用に関してはアメリカやイギリスに次ぐ世界第3位の規模にあることからも、これからの成長可能性を秘めていることがうかがえる。

このブロックチェーン・プロジェクトが発達しているのは、今ある規制体制やインターネット環境だけでなく優遇処置も組み込まれた税制も整っていることが挙げられる。また、ブロックチェーン技術分野で重要な位置を占めるイーサリアム考案者で共同創設者のVitalik Buterin氏がトロント育ちであり、数多くのイーサリアムブロックチェーン関連団体も所属するブロックチェーン研究機関BRIが拠点を置いていることも大きな要因となっているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国大手取引所、詐欺の疑いで家宅捜索

  2. 英CMCマーケッツ、仮想通貨取引サービスの提供開始

  3. 再配達問題の解決にブロックチェーン

  4. シンガポールの規制状況

  5. SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

  6. ビットコインのハードフォーク、シルバート協定で合意される

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」