ニュース

暗号通貨業界で重要な位置になるカナダ

スイスやマルタ、オーストラリアなどが暗号通貨業界にとって、活動しやすい国として挙げられるがその流れにカナダも続いていくようだ。

カナダは他国に先駆け技術革新や低エネルギーコスト、高速インターネット環境の普及率に加え、寒冷でマイニングに適した環境、暗号通貨業界にとって理想的な規制体制を整えており、今後暗号通貨業界にとって重要な立ち位置になるのではないかとみられている。またブロックチェーン技術の活用に関してはアメリカやイギリスに次ぐ世界第3位の規模にあることからも、これからの成長可能性を秘めていることがうかがえる。

このブロックチェーン・プロジェクトが発達しているのは、今ある規制体制やインターネット環境だけでなく優遇処置も組み込まれた税制も整っていることが挙げられる。また、ブロックチェーン技術分野で重要な位置を占めるイーサリアム考案者で共同創設者のVitalik Buterin氏がトロント育ちであり、数多くのイーサリアムブロックチェーン関連団体も所属するブロックチェーン研究機関BRIが拠点を置いていることも大きな要因となっているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

  2. 北朝鮮のハッカーが大暴れ

  3. サウジアラビアの禁止措置、解禁への試み

  4. ダウンタウン松本人志も仮想通貨投資!

  5. 分散型取引所でもハッキング被害

  6. 日本のデジタル化はどう進む[政府・企業の動き]

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ