ニュース

暗号通貨業界で重要な位置になるカナダ

スイスやマルタ、オーストラリアなどが暗号通貨業界にとって、活動しやすい国として挙げられるがその流れにカナダも続いていくようだ。

カナダは他国に先駆け技術革新や低エネルギーコスト、高速インターネット環境の普及率に加え、寒冷でマイニングに適した環境、暗号通貨業界にとって理想的な規制体制を整えており、今後暗号通貨業界にとって重要な立ち位置になるのではないかとみられている。またブロックチェーン技術の活用に関してはアメリカやイギリスに次ぐ世界第3位の規模にあることからも、これからの成長可能性を秘めていることがうかがえる。

このブロックチェーン・プロジェクトが発達しているのは、今ある規制体制やインターネット環境だけでなく優遇処置も組み込まれた税制も整っていることが挙げられる。また、ブロックチェーン技術分野で重要な位置を占めるイーサリアム考案者で共同創設者のVitalik Buterin氏がトロント育ちであり、数多くのイーサリアムブロックチェーン関連団体も所属するブロックチェーン研究機関BRIが拠点を置いていることも大きな要因となっているようである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国政府は取引所に罰金、個人情報保護違反か

  2. トークン経済の王となるか[イギリス]

  3. Ripple取引所Mr.Ripple、新システムで新規登録が可能に

  4. ロシア、W杯や制裁の影響で暗号通貨導入増加

  5. オーストラリア証券当局がICOに言及

  6. テスラのイーロン・マスク氏、仮想通貨は不保持

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ