ニュース

中国中銀、ブロックチェーンは「公に属す」

中国人民銀行のデジタル通貨研究所のヤオ・チアン所長はブロックチェーン技術の可能性を肯定しながらも、金融インフラとしては欠点があると指摘した。

暗号通貨そのものの全面禁止措置を取りながら、ブロックチェーン技術に対する取り組み姿勢は凄まじい中国だが、政府・中央銀行は政府が管理できるブロックチェーン技術を目指しているようだ。同所長はセキュリティや信頼性、スマートコントラクト、P2Pシステムなどのブロックチェーン技術の利点を認めながらも、データプライバシーの改善が必要なことやシャットダウンができないために、エラーを修正するときにはとても難易度が高いことを述べた。

確かに現時点で暗号通貨の構造上何か問題が起きた際の改善策はソフトフォークかハードフォークの2つしかなく、分裂や混乱を招くことは確かだ。チアン所長は、こうしたシステムを「1度問題が起これば、特にセキュリティ面においては致命的だ」と危惧した。

同所長が述べた、現在のブロックチェーン技術の改善には軍の制御システムやチップデザインで用いられている承認方法を追加することを考えているようである。また、数学的な照明により人為的なミスを可能な限りなくし「ブロックチェーンは公に属し、公の利益の為に使えるのもだ」と結論付けた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 規制案進むタイ王国

  2. 中国、ブロックチェーン技術を使い税金を徴収か?

  3. テックビューロ、減資・本店変更の知らせなし

  4. 新たなコールドストレージサービス開始か「ゴールドマネー」

  5. bitFlyer顧客対応窓口を新たに開設

  6. Purse.io、日本でのサービス拡充を計画

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」